top of page
検索

ボーカルが最高にかっこいいロックバンドを描きたい

更新日:11月5日

この時期になると毎年超長文で1年の振り返りをしてみんなに読んでもらって「わぁ、みしゃみしゃちゃん今年はこんなに頑張ったんだね!」とお世辞にでも思ってもらって、いいねを稼いで自己肯定感を高めているので今年もやります。


正直今年はやらなくてもいいかなって感じだけどやっときます。

でもほんと、今年のは「うんうん」って聞いてくれる人だけ読んでくれたら良いです。いいねも稼げなくて良いです。

2022年は多分24年間で一番充実した楽しい一年だったな〜。

でも人生一ショックなこともあってね。

一番好きなロックバンドのボーカルが脱退してしまったのです。

一ファンとして、ショックですううううう!!!!でも彼もメンバーも元気でいてくれたらいいなあああ!!!と、心から願ってるよ。

わたしがここに書いてみようかなと思ってるのは、こんなにも彼がいたあのロックバンドに憧れていたんだなあ、っていう話。

後で嫌になって消しちゃうかもしれんけども。そんなこたぁどうでも良いわぇ。ええ。

11年前、あのロックバンドに初恋のような衝撃を受けてから、CDを買ったり、LIVEに行くようになったり、ロックフェスというものを知って行ってみたり、ギターは弦が(基本的に)6本だってことを知ったり、ベースは基本的に弦が4本なんだけどあのロックバンドのベースは5弦なんだってことを知ったり、Vの形をしたギターはフライングVって言うんだってことを知ったり、いろんな編成のロックバンドがいることを知ったり、”ロック”と言ってもラウドとかメロコアとかなんか色んな種類があるんだなあってことを知ったり(まだよく分かってません)、音楽って思いやりがあれば自由に楽しんでいいんだなってことを知ったり…まだまだほかにもたくさんあるな。

あ、メイベリンのアイライナーは台風でも落ちないってことも知ったな。

それから、

やっぱりあの人はとんでもなくかっこいいボーカリストなんだな。

ってことも。

わたしは音楽は全くできないけど、ロックバンドに憧れて絵を描いている。

それをようやく、紙とペンで表現できるようになった。気がする。

でも、描けば描くほど、こんなにも憧れていたのかと実感する。

特に、あの人に本当に憧れていたんだと。

わたしがバンドマンで、ボーカリストだったらわかるんだけど、わたし、イラストレーターだぜ…?

不思議だな〜、でも本当にやべ〜オーラとか放ってて本当にかっこよかったんだよなあ。

ん〜。

ちょうど1年くらい前ね、まだ彼がいるあのバンドのLIVEに行ったんだよ。

いつもLIVEに行くと「わたしも夢叶えるぞ!」とか「そっち側に行きたい!」とか自分自身にパワーをもらって帰っていたんだけど、その日からはなんか違って。


「こんなかっこいいロックバンドを描きたい。」と思うようになったんだよね。


歌が上手いとか演奏が上手い以上の何かを持ってて、すごいバンドなんだけど、その真ん中にいるボーカルが本当にすっげ〜〜〜〜〜〜〜〜輝いててえ!!みたいな。

そんなロックバンド。


ボーカルが最高にかっこいいロックバンドを描きたくて、さよはる!!っていう作品を描いていて、PANTS LINEってバンドを描いてるんだよ。秘密ね。(今更)

憧れを一緒に追ってもらってます。

いつか、本当にかっこいいロックバンドになろうね。

この気持ちに整理がつくまでに結構時間がかかってしまったんだけど、この記事を書くまでにも話を聞いてくれた人がいて、おかげで気持ちに整理がつきました。

ありがとうね。

この長文を読み切ってくれたそこの君も!まじありがとうね。

さて、2023年もロックバンドを描くぞ〜!

(2023.11.5 少し編集しました。)


閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page